【開催報告】2019年3月16日「伊東建築塾/子ども建築塾」公開発表会(江戸東京研究センター共催)開催報告

019年3月16日(土),法政大学外濠校舎S505教室にて,「伊東建築塾/子ども建築塾」の発表会が江戸東京研究センターとの共催として開催されました。

「子ども建築塾」は建築家・伊藤豊雄が塾長を務める伊東建築塾が,主に小学校高学年を対象に開設しているものです。2018年度後期は「みんなの川のまちをつくろう!」のテーマのもと,恵比寿のまちなかを流れる「渋谷川」の一角を舞台とし,川と建物のつながりや,まちを訪れる多様な人々を意識しながら「楽しいまち」を設計しました。

今回の発表会では一年間の集大成として,子どもたちが模型やプレゼンボードを使って自分たちが作ったまちの姿を発表し,伊東建築塾の講師の方々及び江戸東京研究センターの陣内秀信特任教授が講評を行いました。たくさんの斬新で楽しいアイデアが,カラフルな立体模型やプレゼンボードで紹介され,参加者からは感嘆の声が上がりました。

陣内秀信特任教授からは,海外の都市における水辺と人とのつながりや,江戸時代の渋谷川の景観などにも言及した講評がなされました。